家づくりの種類

家づくりの種類

建売住宅・売建住宅・注文住宅・リフォーム、リノベーション・建築家住宅

 

 

【建売住宅】

現在、マイホームを手に入れる方法として一般的な方法です。モデルルームや完成している建物を見学し、気に入ったならば申込み・契約・引渡しを経て、短期間で入居することができます。プランが確定しているので、住む人が家に合わせて住むことになります。既に建物が完成している場合がほとんどで、構造体のチェックや壁の内部などはできないため、信頼できる業者かどうかが重要なポイントです。また、金額が確定しているので資金計画が立てやすいのがメリットです。

 

【売建住宅】

いわゆる「建築条件付」の宅地販売で、指定の業者で建物を建てることが条件となります。間取りや設備の仕様について、その会社で設けられている大枠の中から自由に選択ができる、というのがポイントです。建売と同様に土地がすでに確定しており、プランや設備機器の商品もある程度枠があるため総額を確定しやすく、資金計画が立てやすいのがメリットです。また、工事中に現場を見ることも可能です。

 

【注文住宅】

自由に企画・設計できるので、土地・建物ともにこだわりの住宅を実現できます。一からの家づくりになるため、完成形をイメージできるようしっかりと設計者や相手企業との打合せが必要です。何でも自由に選べる分、時間と手間はかかりますが、一番こだわりを反映しやすい方法です。資金計画については、建売や売建以上に支払のタイミングが細分化されるため、特に綿密な計画が必要です。また、注文住宅と言っても、その会社でのプランの大枠が決まっていてその中から自由に設計可能、という場合もあるので、確認が必要です。

 

【リフォーム・リノベーション】

中古住宅・中古マンションに対して、既存の建物を改修・改装し、自分たちのスタイルに合わせて家づくりをする方法です。きっちりとした明確な定義が設けられているわけではありませんが、リノベーションとは「既存の建物に新たな価値を持たせるための改修」という意味で言われることが多く、全面的な工事を伴い、リフォームとは「修繕する」という意味で、今ある設備や内装、外装をきれいにするようなイメージです。新築を購入するよりも、総額で割安で自由度が高い傾向があるので、昨今人気が出てきた方法です。戸建よりも、マンションが多くを占めます。

 

【建築家住宅】

近年少しずつ増えてきた、設計事務所、建築士と建てる方法。注文住宅に含まれます。建築士が4~6ヶ月間お客様とプランニングをし、設計図を40~100枚程度書きます。予算にもよりますが、お客様の夢のイメージをすべて叶えることが可能です。反面、金額やスケジュールも非常にずれやすく、最も綿密な計画が必要となります。設計だけではなく、現場監理も全て建築士が行います。

 

 

(住宅建築コーディネーター公式テキストより)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です