認定低炭素住宅とは

認定低炭素住宅とは

認定低炭素住宅とは二酸化炭素排出が少ない、つまり、省エネルギー性が高い住宅をいいます。新築や増改築、設備改修による低炭素建築物新築等計画を作成し、市町村による認定を受けることによって税の優遇制度を受けることができます。

 

低炭素住宅として住宅ローン控除を受けるための主な要件

  • その者が主として居住の用に供する家屋であること
  • 住宅の引渡し又は工事完了から6ヶ月以内に居住の用に供すること
  • 床面積が50㎡以上であること
  • 店舗等併用住宅の場合は、床面積の1/2以上が居住用であること
  • 借入金の償還期間が10年以上であること
  • 合計総所得金額が3,000万円以下であること
  • 低炭素建築物新築等計画の認定通知書を取得していること

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です