土地の探し方、考え方

昨日も土地の事を書きましたが、本日も。

 

●土地探索の実例

土地探索の条件は、地域(場所、校区)、値段(地価、坪単価)、大きさ(広さ、形)、方角(日当り、向き)の4つといえます。どの条件を優先させるかはお客様のご要望しだいですが、すべてを満足させることは非常に難しい問題であることを理解していただくことが大切です。計画(ライフプラン)を検討しながら、最適な土地の探索とご提案を行います。

<住宅建築コーディネーター公式テキストより>

 

4つの条件もすごく大切ですが、家づくり全体の資金(土地の値段だけではなく、建物の値段、雑費)と今後の生活費を総合的に見て、土地探しをしないといけません。

 

ライフプランシミュレーションを行い、住宅ローン、生活費、マイホーム購入資金等、お金のことを把握した上で、土地を購入しましょう。

ライフプランから土地購入の上限を把握し、それ以上の値段の土地なら無理をせず、予算内に収まる土地を探しましょう。

ライフプランから出てきた予算内で気に入った土地が見つかれば、買付証明を不動産会社へ出します。

買付証明の書き方、予算の考え方、ライフプランの出し方を、住宅建築コーディネーターがコーディネートさせて頂きます(^^)

家づくり相談窓口・大阪店は500件以上の土地探しの経験を持つスタッフが、お客様からのご相談をお待ちしております。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です