中古物件を購入してリフォームを伴う場合のチエックポイント②

家づくりの相談窓口・大阪店では、お客様の様々なご相談を承る中で、中古物件を購入して
リフォームを伴う場合のチェックポイントを紹介させていただきますね~(((o(*゚▽゚*)o)))

 

②間取りなど、住居部分・コスト面

 

points

 

ヾ(❀╹◡╹)ノ゙❀~~~やりたい希望のリフォームができる物件か?

 

間取りと図面の整合:
現状、設計図通りにの間取りか、以前、リフォームで大きく間取り変更がされていたりしないか。
大規模にリフォームされている場合は、隠れた瑕疵がある場合がありますので注意が必要です。

 

配管経路:
希望のリフォームに対して、それが可能かの配管経路の確認が必要。それによって購入物件を選ぶ
必要もある。

 

可能なリフォーム範囲の確認:
選んだ物件が可能なリフォームの範囲を確認しておく。

 

リフォーム資金を住宅ローンでまとめると金利が抑えられる:

購入とリフォームと両方をローンでまかなう際、リフォームの概算を出しておいて金利の低い
住宅ローンでまとめる。

 

 

家づくりの相談窓口・大阪店の住宅建築コーディネーターは丁寧にお客様のご相談を
承っております。皆さんもご希望の家づくりを私たち住宅建築コーディネーターと
ご一緒に考えませんか?\(^o^)/

 

私たち住宅建築コーディネーターが笑顔でお迎えします!

失敗しないで家を購入するために、どんなことでもご相談ください。

みなさまのご来店をお待ちしてます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です