お金や制度について

住宅ローンの基本と種類について

住宅ローンの返済額は借入額と返済期間、その二つによって金利が決まります。借入額は基本的には住宅価格の8割程度までが目安ですが、8割以上借りられるケースも少なくありません。返済期間は最長35年が一般的で、返済期間が長いほど毎月の返済額は軽くなりますが、総じて返済額は増える仕組みです。金利は主に3タイプあり(右図)、普通、金利が固定される期間が短いほど低金利ですが、金利変動のリスクは高まります。

住宅ローン
完全固定金利
済期間中、金利が固定されるタイプです。フラット35の他、一部の民間金融機関が扱っています。返済途中で金利が上がる2段階固定金利型もあります。
固定期間選択型
3年間、5年間など期間だけ金利を固定するタイプです。固定期間終了した時点で、再度固定期間を設定するか、変動金利を設定するかを選ぶ事もできます。
変動金利型
定期的に金利を見直すタイプです。ほとんどの金融機関では年に2回金利を見直し、金利の動きをもとに、5年に一度返済額が見直されます。
民間ローン
“購入物件の担保価値”、“個人の返済能力”などで融資額が決まるのが、銀行を中心とした金融機関が扱う民間ローンです。金利タイプは複数の中ら選べるケースが一般的。借りる際の団体信用生命保険料がかからないことが多く、ローン保証料や繰り上げ返済手数料が不要なローンもあります。
フラット35
フラット35とは、住宅金融支援機構と民間が提携して提供しているローン。金利タイプが完全固定型で、窓口となる金融機関が金利を毎月決めます。70歳未満で安定した収入があり、住宅が一定の基準を満たすと、当初金利が引き下げられる「フラット35S」が利用可能です。借りるときの保証料や繰り上げ返済手数料が無料です。
その他のローン
“財形住宅融資”という、勤務先で財形貯蓄を1年以上続けている会社員を対象としたローンがあります。勤務先や自治体などが住宅ローンの利子を補助してくれるケースもあるので、早速確認してみましょう。他に、フラット35と民間ローンの併用で金利を引き下げることが可能な「協調融資」もあります。
公的ローン 民間ローン
財形住宅融資 フラット35 銀行ローン(一例)
5年固定
金利型
完全固定
金利型
完全固定
金利型
変動
金利型
固定期間
選択型

他にも、銀行ローンには、変動金利型でも上限金利が設定されているタイプや、複数の商品を組み合わせるタイプなど様々なローンタイプが用意されています。また、住宅ローンによっては利用できるものが限られる場合もあります。
例えば、財形住宅融資では、5年間は固定金利が適用になる5年固定金利型のみ、フラット35(住宅金融支援機構と民間金融機関が提携した住宅ローン)は完全固定金利型のみになっています。

  • セミナー・個別相談無料
  • 家づくりセミナー&イベント
  • 個別相談
  • 予約・問い合わせ
  • おうちまるっとサポート24
  • 住宅ローン借り換え
  • 住宅建築コーディネーター協会
  • 高橋こうじの失敗しないマイホームづくり ブログ
  • 家づくりの相談窓口・おうちの相談窓口 ブログ
  • 知って得する家づくりのBOOKドリル
  • facebook
  • 小冊子プレゼント
  • 運営
  • 住まいづくり土地探し隊
  • おうちの相談窓口ポータル